BLOG

豊島区|フローリングの線傷、窓の下枠の補修

2018/10/16

こんにちは。

今回はハウスメーカー様からのご依頼で、フローリングの線傷と窓の下枠の補修に伺いました。

フローリングの線傷は、まず捲れ上がったささくれをキレイにカットしたのち、

パテを充填、平らにして、着色、コーティングで終了です。

線傷は木目に沿って垂直に入っている場合、どうしても補修跡が残ってしまうことがあります。

 

また、窓の下枠は劣化が激しいですが、抉れた部分にパテを埋めて平にしたのち、

タッチアップと調整により短時間で仕上げました。

 

 

<Before>

 

<After>

 

 

<Before>

 

<After>